自転車のネット購入で後悔!?修理や防犯登録はどうするの?

【PR】

スポンサーリンク

自転車を購入する際、店舗での購入かネットでの購入か迷うことはありませんか?

ネットで買った場合、修理や防犯登録はどうするのかも不安ですよね。

この記事では、自転車の購入方法について店舗とネットの両方のメリット・デメリットを徹底比較します。

ネット購入にはいくつかの落とし穴も潜んでいますのでそのような事も知っておく必要があります。

この記事を読めば、失敗や後悔をしない、あなたにとって最適な購入方法がきっと見つかりますよ。

スポンサーリンク

自転車をネットで買うメリットは?安い?

今は、ネットでも自転車が簡単に買えてしまいますよね。 でも高額な買い物だけに、失敗はしたくないですね。

正直ネットで買うメリットは少ないかなと思います。

多くの商品から選べる

店舗だと取り寄せも出来ますが、基本的には在庫がある限られた商品から選ぶことになる為、選択肢は狭まります。

その点ネットショップでは、さまざまなブランドやモデル、サイズが揃っているため、自分にぴったりの自転車を見つけやすいです。

実店舗より安い事が多い

特に店舗を持たないネット専門の自転車屋さんだと安いです。

また、複数のショップの価格を簡単に比較し最安値で買う事が可能です。

クーポンやキャンペーンも多くうまく利用すれば更に安く買えます。

ただ、送料がかかりますので、結果、実店舗と同じくらいになることもあります。

店舗に行かなくてよい

配達してくれますので、店舗に行く手間や交通費がかかりません。

ただし、後術しますが、防犯登録の為に結局お店に行かなければならない・・・。

スポンサーリンク

自転車をネットで買って後悔!デメリット:防犯登録は自分で

ではネットで自転車を買うとどのようなデメリットがあるか見ていきましょう。

サイズや乗りごごちが合わない可能性がある

試乗が出来ない事が一番のデメリットですね。

自転車は、サイズ選びが難しいです。

身長による適応サイズで選ぶのはあまり参考になりません。
何故なら、標準的な適応サイズはこうです。

適応サイズ表の例

・子供用自転車24インチの場合→ 120㎝~150㎝
・大人用自転車27インチの場合→ 150㎝~180㎝

身長に差があり過ぎません?・・・・💦

身長だけではなく、体形にも差がありますので、やっぱり乗ってみないとわかりません。

サイズは同じでも、自転車によって全然乗りごごちが違います。

例えばサドルとハンドルの距離感も違いますし、ハンドルの位置によっても乗りごごちが変わってきます。

マヨ
マヨ

我が家の息子も、思っていたサイズを実際に店舗で店員さんに相談したら、もう1サイズ大きめで大丈夫との事で、大きめを購入しました。



結果、すぐ慣れたので大きめを買ってよかったです。

このように、ネットで買うと、サイズ選びの失敗は多いです。
返品交換は大変な手間ですよね。

防犯登録を自分でしなければならない

自転車を購入すると、どこで買っても必ず防犯登録が義務づけられています。

✅店舗で購入→そのままその場で防犯登録をする流れ
✅ネットで購入→自分で自転車店、ホームセンター等に行き登録

自転車店で購入すれば、その場で登録になるので、何も面倒な事はありません。

尚、店舗でも登録料はかかります。

しかし、ほとんどのネットでの販売の場合、届いた時にはまだされていませんので、自分で自転車店やホームセンター等で防犯登録しなければならないのです。

Q8 インターネットショッピングで購入した新車の自転車に防犯登録をしたい場合はどうすればいいですか。
A8 自転車を購入した際の領収書又は購入したことを証明できるもの(自転車が特定できるようメーカー、車種、塗色、車体番号等が記載されているもの)と身分証明書を持って、自転車販売店で新規登録をしてください。
防犯登録の新規登録手数料は600円(非課税)で、自転車販売店で登録できます。

引用元:愛知県警

結局、自転車店に行くのであれば、届けてもらうメリットがあまりないですよね💦

送料がかかる場合がほとんどでしかも高い

ネット購入の場合、ほとんどの場合送料がかかります。

しかもこれが驚くほど高い。
下は、サイクルベースあさひのオンラインショップでの送料です。

自転車もう一台買えます💦

参照:サイクルベースあさひ

組み立てを自分でしなければならない

一部のネットショップでは、完全に組み立てられた状態で届くショップもありますが、多くのネットショップでは、分解された状態で届くことが多く、自分で組み立てる必要があります。



初心者には難しい場合がありますし手間がかかります。

梱包の片づけが面倒

自転車は、この様にデカいダンボールで配達されます。

このゴミも、捨てるのが大変ですよね。

修理に自転車店に持っていくのが気まずい

自転車を購入した後、それで終わりではありません。

必ずと言っていいほど、パンクだの、ブレーキの利きが悪いだの、チェーンが切れただのと不具合が発生し、修理が必要になります。

もちろん、自転車屋さんなら、ネットで買った自転車でも修理してくれます。

でも、他社で買った自転車はちょっと持っていくのが気まずいかも。

それに店舗で購入すれば修理も割引など特典もありますが、他社で買った自転車の修理は何の特典もありません。

スポンサーリンク

自転車を実店舗で買うメリット

では実店舗で買うと何がいいのでしょうか

店員さんに相談が出来たり、アドバイスをもらえる

自転車の事って素人は分からない事が沢山ありますよね。

自転車を購入するなら、ホームセンターなどではなく、自転車専門店で購入することをおすすめします。

何故なら、自転車整備士が常駐しているので、的確、正確なアドバイスをもらえるからです。

イオンバイクや、サイクルベースあさひも専門店です。

一般的なホームセンターや、スーパーの一角の自転車売り場、ドン・キホーテ等は、自転車整備士がいない場合がほとんどです。

サイズは、やはり実際の自転車に乗った状態で、自分に合っているか見てもらうのが一番分かりやすく確実です。

また、メンテナンス方法等のアドバイスももらえます。

店舗で自転車買うなら、イオンバイクサイクルベースあさひかどっち?比較した記事はこちら

自転車買うなら「イオンバイク」か「サイクルベースあさひ」どっちがいい?


https://tameroutine.net/bicycle-aeon-asahi-4740

修理をしてもらいやすい

自分が購入したお店なら、気がねなく修理に持っていけますよね。

修理するお店側ももちろん、丁寧に対応してくれます。

また、家族がいれば、今後も何台も自転車を買い替えたり、メンテナンスも必要なので、自宅近くに一つ決まった自転車屋さんがあるとやっぱり何かと便利です。

試乗が出来る場合がある

お店によりますが、試乗車が用意されていることが多いです。

全部ではないですが、似たタイプの自転車をお店の周囲で試乗させてもらう事ができる場合があります。

我が家もいつも試乗させてもらいます。

特に電動自転車を購入した時は、やはり試乗させてもらい非常に良かったです。

すぐに乗れる状態で受け取れる

購入後、すぐに乗れるように、身長にあわせたサイズ調整などをし、最適な状態で渡してくれます。

また、カゴや荷台が無い自転車に付ける等、オプションパーツのカスタムもその場ですぐにやってくれます。

こういうのネット購入には無いメリットです。

持ち帰れば送料がかからない

車に乗せる事が出来たり、そのまま乗って帰れる距離であれば、送料がかかりません。

又は有料にはなりますが、お店から自宅に配送してくれるサービスをやってくれるところがほとんど。

その場合の料金も、ネットで購入時の送料よりはだいぶ安いことがほとんどです。

自転車を実店舗で購入するデメリット

実店舗で購入する場合でもデメリットはあります。

価格が高い

実店舗では、オンラインショップに比べて家賃や人件費などの経費がかかるため、同じ自転車でも価格が高く設定されていることが多いです。

ただし、イオンバイクなど大型ショッピングセンターに入っている店舗なら、独自のポイント制度やサービスデーを併用する事でかなり割引で買う事が出来るでしょう。

品揃えの制限

実店舗では、物理的なスペースの制約があるため、展示されている自転車の種類やモデルが限られます。
また、一度に複数の自転車を見比べるのが難しいため、異なる店舗を訪れて比較する必要があります。

時間と労力のコスト

実店舗に行くためには、移動時間や交通費がかかります。
また、店舗の営業時間に合わせて訪れる必要があり、忙しいスケジュールに合わせるのが難しい場合もあります。

【まとめ】自転車はネットか店舗どっちで買う?店舗で買う方がメリットが多くおすすめ

結論、自転車は店舗で買う方がメリットが多いと言えます。

たとえネットでの購入よりも少し価格が高くても、それに見合うだけのメリットがあります。

ネットでの購入は便利ですが、デメリットも多く、失敗や後悔する可能性があります。

実際に試乗できる店舗での購入が何よりも確実。

自転車選びで後悔しないためにも、ぜひ店舗での購入を検討してみてください。  

でももちろん、ネットで購入のメリットもありますし、価値観はそれぞれ。

ネットで買うなら、Cyma(サイマ)です。

Cyma(サイマ)の公式サイトを見てみる

クーポンコード「f2a0ptt」の入力で2,000円OFF

サイマ楽天市場店を見てみる

5と0のつく日、スーパーセール、お買い物マラソンならもっとお得
 
店舗で自転車買うなら、イオンバイクサイクルベースあさひかどっち?比較した記事はこちら

自転車買うなら「イオンバイク」か「サイクルベースあさひ」どっちがいい?
https://tameroutine.net/bicycle-aeon-asahi-4740