自転車買うなら「イオンバイク」か「サイクルベースあさひ」どっちがいい?

【PR】

スポンサーリンク

自転車を買う機会って結構ありますよね。
どこで買おうか、どこが安いか・・・色々迷いますね。

そこで、大手の自転車専門店、「サイクルベースあさひ」と「イオンバイク」の店舗での購入の場合の比較をしてみました。

口コミ、評判、それぞれのお店のメリットとデメリット、お得な支払い方法や買う時のコツも書いています。

マヨ
マヨ

我が家は両方のお店で購入したことがありますので、実際のレビューも参考になればと思います。

このブログを読むと分かる事

・自転車をネットで買う、実店舗で買う場合のそれぞれのメリットとデメリットがわかる。
・「サイクルベースあさひ」と「イオンバイク」の比較が分かる
・「サイクルベースあさひ」と「イオンバイク」のクチコミや評判が分かる。
・結局どちらで買うべきかが分かる

イオンバイクがおすすめな人

・安く買いたい人
・イオンカード会員の人
・購入の際、不要自転車を無料で引き取って欲しい人

サイクルベースあさひがおすすめな人

・修理の際、自分で持ち込みが出来ない人
・スポーツバイク等、こだわった自転車を購入したい人

どうしてもネットで買いたい人は、このお店一択です→Cyma(サイマ)

では詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

自転車はネットより実店舗で買うのがおすすめ

今は、ネットでも自転車が簡単に買えてしまいますよね。
でも、高い買い物だけに、失敗はしたくないですね。

自転車をネットで買うメリット

正直ネットで買うメリットは少ないかなと思います。

実店舗より安い事が多い

特に店舗を持たないネット専門の自転車屋さんだと、安いです。

ただ、送料がかかりますので、結果、実店舗と同じくらいになることもあります。

店舗に行かなくてよい

配達してくれますので、店舗に行く手間や交通費がかかりません。

 

自転車をネットで買うデメリット

ではネットで自転車を買うとどのようなデメリットがあるか見ていきましょう。

試乗が出来ないので、サイズや乗りごごちが合わない可能性がある。

これは一番のデメリットですね。

まず、サイズ選びが難しいです。
身長による適応サイズで選ぶのはあまり参考になりません。
何故なら、標準的な適応サイズはこうです。

適応サイズ表の例

・子供用自転車の場合
24インチ 120㎝~150㎝
・大人用サイズの場合
27インチ 150㎝~180㎝

身長に差があり過ぎません?・・・・💦

身長だけではなく、体形にも差がありますので、やっぱり乗ってみないとわかりません。

サイズは同じでも、自転車によって全然乗りごごちが違います。
例えばサドルとハンドルの距離感も違いますし、ハンドルの位置によっても乗りごごちが変わってきます。

我が家の息子も、26インチでいいと思っていたのですが、実際に店舗で店員さんに相談したら、27インチでも大丈夫と言われ大きめを購入しました。

結果、すぐ慣れたので大きめを買ってよかったです。

このように、ネットで買うと、サイズ選びの失敗は多いです。
返品交換は大変な手間ですよね。

防犯登録を自分でしなければならない

自転車を購入すると、防犯登録はが義務づけられています。

自転車店で購入すれば、そのままその場で防犯登録をする流れになるので何も面倒な事はありません。

しかし、ほとんどのネットでの販売の場合、届いた時にはまだされていませんので、自分で自転車店やホームセンター等に持ち込んで、防犯登録しなければならないのです。
手間ですよね。

送料がかかる場合がほとんどでしかも高い

ネット購入の場合、ほとんどの場合が送料がかかります。
しかもこれが驚くほど高いです。
下は、サイクルベースあさひのオンラインショップでの送料です。

自転車もう一台買えます💦

参照:サイクルベースあさひ

梱包の片づけが面倒

自転車は、この様にデカいダンボールで配達されます。

このゴミも、捨てるのが大変ですよね。

 

修理に自転車店に持っていくのが気まずい

自転車を購入した後、それで終わりではありません。

必ずと言っていいほど、パンクだの、ブレーキの利きが悪いだの、チェーンが切れただのと不具合が発生し、修理が必要になります。

購入した店に持っていくなら堂々とできますが、他社で買った自転車はちょっと持っていくのが気まずいですよね。

それに店舗で購入すれば修理も割引になったり特典もありますが、他社で買った自転車の修理は何の特典もありません。

マヨ
マヨ

自転車本体のネット購入はおすすめしませんが、その他、自転車用品はネットが安くて、種類豊富でおすすめです。

おすすめのお店はこちら→Temuを見てみる

自転車を実店舗で買うメリット

では実店舗で買うと何がいいのでしょうか

店員さんに相談が出来たり、アドバイスをもらえる

自転車の事って素人は分からない事が沢山ありますよね。

自転車を購入するなら、ホームセンターなどではなく、自転車専門店で購入することをおすすめします。
何故なら、自転車整備士が常駐しているので、的確、正確なアドバイスをもらえるからです。

イオンバイクや、サイクルベースあさひも専門店です。

一般的なホームセンターや、ドン・キホーテ等は、自転車整備士がいない場合がほとんどです。

サイズは、やはり実際の自転車に乗った状態を見てもらいながら、自分に合っているか見てもらうのが一番分かりやすく確実です。

また、メンテナンス方法等のアドバイスももらえます。

メンテナンスをしてもらいやすい

自分が購入したお店なら、気がねなく修理に持っていけますよね。
修理するお店側ももちろん、丁寧に対応してくれます。

試乗が出来る場合がある

お店によりますが、試乗車が用意されていることが多いです。

全部ではないですが、似たタイプの自転車をお店の周囲で試乗させてもらう事ができる場合があります。

我が家もいつも試乗させてもらいます。

特に電動自転車を購入した時はやはり試乗させてもらい非常に良かったです。

すぐに乗れる状態で受け取れる

購入後、すぐに乗れるように、身長にあわせたサイズ調整などをし、最適な状態で渡してくれます。

また、カゴや荷台が無い自転車に付ける等、オプションパーツのカスタムもその場ですぐにやってくれます。

こういうのネット購入には無いメリットです。

持ち帰れば送料がかからない

車に乗せる事が出来たり、そのまま乗って帰れる距離であれば、送料がかかりません。

又は有料にはなりますが、お店から自宅に配送してくれるサービスをやってくれるところがほとんどです。
その場合の料金は、ネットで購入時の送料よりはだいぶ安いことがほとんどです。

スポンサーリンク

イオンバイクとサイクルベースあさひの比較

では2つのお店の主なサービスを表にしてみました。

 イオンバイクサイクルベースあさひ
店舗数310店舗(イオンサイクル含む)519店舗
自宅への配送料金2,000円程度(地域により異なる)1,980円
割引クーポン5%OFF(ワンデーパスやお客様感謝デー)有り(公式アプリ)
ポイント付与WAONポイント無し
出張修理無し引き取り、配送サービスあり(条件により無料)
ネット注文店舗受取有り有り
不要自転車引き取りサービス有り(購入の場合1台無料)無し
自転車保障サービス有り(有料)有り(有料)

どちらのお店も、ネットショップもある為、ネットで購入し近隣の店舗で受取出来るサービスがあります。
そうすると送料がかからないのがメリットです。

ただし、ネットで注文した商品の受取時に、乗ってみてやっぱり失敗だったと思っても、キャンセルはできませんので注意です。

スポンサーリンク

イオンバイクのクチコミ

ではイオンバイクの口コミを見てみます。

https://twitter.com/tbsmcd/status/1636345055375130626
https://twitter.com/Hazuki___0809/status/1632913960872853504
https://twitter.com/xoxo_NAO_xoxo/status/1624614562971652099?s=20
https://twitter.com/kazueda/status/1622954388947087361

やはり、安いという口コミが多かったです。
最後のクチコミの、待たされる時間は私も経験があります。
混雑時はだいぶ待たされます。
ただ、イオンなので買い物で暇はつぶせますね。

私が利用しているイオンバイクの店員さんの対応は非常に親切です。

いつが一番安いかセール情報を教えてくれたり、イオンオリジナルの自転車を、安いから購入しようかと悩んでいた時に、性能が悪いから正直言っておすすめしないと(自社PBなのに)、違うメーカーの同価格帯の商品をすすめてくれ、好感が持てました。

イオンバイクのメリットとデメリット

では、各お店の詳細を見て見ましょう。

 

イオンバイクのいいところ

・イオンの割引サービスでお得に買え、WAONポイントもつく。
・購入すると不要自転車を引き取ってくれる

イオンの割引サービスでお得に買え、WAONポイントもつく

イオンカード会員に限りますが、イオンは、毎月20日、30日はお客様感謝デーで、全品5%引き。

更に、イオンウォレットのアプリ会員になれば、サンキューパスポートがいつでも使えて自転車は5%引きです。

2つの併用はできないので、最大割引額は5%引きですが、金額が大きい自転車の5%引きは大きいです。

更にもっとお得なのは不定期で、ポイント10倍などをよくやっていますので、この期間に行くのが一番お得に買えます。


先日、我が家もこの期間に息子の自転車を購入しました!

詳しくはこちらで書いています。

イオンバイクで自転車を購入するなら支払いは、イオンカードで支払うのが断然得です。
5%引き、WAONポイントもつきます。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

購入すると、不要な自転車を無料で1台引き取ってくれる

お引き取りは、新規に自転車を1台ご購入につき1台無料でお引き取りいたします。

引用元:イオンバイク

これもありがたいですね。
だいたい自転車を捨てるのって粗大ごみで有料ですよね。

ちなみにサイクルベースあさひはこのサービスはありません。

イオンバイクの残念な所

・出張修理の配送サービスが無い

出張修理の配送サービスが無い

購入時は、有料ですが自宅まで配送してくれます。
ただし、修理の場合は、持ち込みのみ(有料サービスも無し)です。

車に乗せることが出来ればいいのですが、できない場合はこの点はネックですね。

「サイクルベースあさひ 」のクチコミ

https://twitter.com/muki_muki_panda/status/1634147631877304321
https://twitter.com/gnsedknt/status/1632268991703191554
https://twitter.com/pochitarou20/status/1636111366204588032

店員さんの対応がいいという口コミが多いです。
値段はちょっと高いかなという意見も。

我が家も子供の自転車をあさひで3台購入しました。
子供の自転車自体が、大人用より高いです💦
なるべく安いのを選んでいましたが3万前後しました。

でも、やっぱり店員さんは親切でしたね。
アドバイスも的確でプロです。

サイクルベースあさひのメリットとデメリット

では今度はサイクルベースあさひを見てみましょう。

サイクルベースあさひのいいところ

・店舗数が多い
・修理の際も、引き取り、配送サービスあり(条件により無料)
・スポーツバイクの品ぞろえが多い

店舗数が多い

全国519店舗(2023年3月現在)とイオンバイクよりかなり多い店舗数。
これならきっと自宅近くにありそうですね。
我が家も、自宅から車で15分くらいの所にあったので何度か購入しました。

修理の際も、引き取り、配送サービスあり(条件により無料)

必ずと言っていいほど必要な修理。

車にも積めない、動かなくなってしまい乗って持っていけない時は非常に困りますが、引き取り、お届けまでやってくれます。

料金は片道1,980円とちょっと高いですが、安心保障に加入していれば(この後に紹介します)、それも無料になります。

これはイオンバイクにないメリットです。

スポーツバイクの品ぞろえが多い

ネットでの検索ですが、スポーツバイク(ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク)等の商品点数が、イオンバイクは169点、あさひは256点とあさひの方が多かったです。

スポーツバイクを買いたい方は、あさひの方がおすすめです。

サイクルベースあさひの残念な所

・店舗で使える割引クーポンが少ない、ポイント等も貯まらない
・不要自転車の引き取りは有料

 

店舗で使える割引クーポンが少ない、ポイント等も貯まらない

あさひの店舗で使えるクーポンは、公式アプリのダウンロードで、ペダル脱着工賃無料クーポン(幼児自転車)などがあります。

たまに、期間限定や不定期で電動アシスト自転車5,000円OFF等のクーポンもあったようです。

ただ、限定的ですので買いたい時に、いいクーポンがあるかは分からないのであまり頼りになりませんね。

また店舗の場合はポイント制度なども無いです。
その点は断然イオンバイクの方がお得ですね。

不要自転車の引き取りは有料

不要な自転車の引き取りは有料でのみ行っています。

あさひで新車を購入する場合は、540円(税込)です。
購入しない場合は1,080円(税込)になります。

自治体などで自分で処分する費用と大体同じくらいでしょうか。
防犯登録の抹消もしてくれるので同じ料金であれば、あさひで引き取ってもらう方がいいかもです。

有料保障サービスの比較

イオンバイクには「自転車あんしんパック」、自転車あさひには「サイクルメイト」という名前で、有料の保障サービスがあります。
それぞれの違いを表にしました。

 イオンバイクサイクルベースあさひ
料金3900円~3080円~
修理割引工賃50%off(2年~3年)工賃10%off(3年)
パーツ購入割引10%off(2年~3年)10%off(購入時のみ)
点検・調整無料(2年~)無料(3年)
防犯登録料プランに含むプランに含まず
無料の保障盗難、傷害、賠償(1年~3年)盗難補償(3年)
自転車保険(6ヵ月)
その他特典プレミアムプランは虫ゴム交換無料修理時引き取り、配送無料

下記、イオンバイクの「自転車安心パック」の料金です。

地域と、保障内容により料金が異なります。

引用:イオンバイク

下記は自転車あさひの「サイクルメイト」の料金です。
サイクルメイトは、自転車の購入価格で変わりますが、全国一律料金で分かりやすいです。

有料保障サービスは入るべき?

さて、保障サービス、結構高いですが、入るべきでしょうか。

結論は、あまり得は無いかなと思います。

まず、工賃の割引ですが、修理の際、費用が高いのは工賃より、部品代です。

部品代の割引ではないので正直あまり割引額は高くありません。

無料点検も恐らく故障しない限り、真面目に点検に持っていかれる方は少ないでしょう。

また、保険も、自転車保険は他に加入の自動車保険等でカバーしている場合も多いですし、盗難保障も使う事はほとんどないのかなと思います。

イオンバイクに限ってはパックの料金も高く、あまりメリット感じません。

サイクルベースあさひでは、修理時の無料引き取り、配送サービスのみ有益なサービスだと思います。
修理の際に、持ち込む手段が無い方は、入った方がお得です。

実際我が家も、初めて、サイクルベースあさひで子供の自転車を購入した際に、すすめられて加入したのですが、修理時も、車に積めた為、恩恵を受けたことは一度もなく、もったいなかったです。

最近はイオンバイクで購入していますが、やはり安心パックには加入していません。

どうしてもネットで買いたいなら【Cyma】サイマ一択

でも、自宅近くに、イオンバイクも、あさひも無い。
お店に行く時間が無い、送料がかかってもいいからサッと買いたい。

ていう方もいると思います。

ネットの場合のおすすめは、イオンバイクでも、サイクルベースあさひでもありません。

【Cyma】サイマ一択です。


サイマは自転車のネット通販、年間売上No.1
です。

Cyma(サイマ)がおすすめな理由

・どの自転車も全品組立・整備済み
・すぐ乗れる状態で自宅までお届け
自転車の防犯登録も代行
・購入後の故障が不安な方に、最大6ヶ月の修理保証付き”お店でパンクCARE(ケア)
・万が一の盗難・事故をサポート”新サイマスタンダード安心パック”
・安心パック加入で、更にロードサービスも無料

サイマの自転車は、必ず完成品が、すぐ乗れる状態で届きます。
プロの整備士がきちんと検品、調整をしています。

そして、ネット購入のデメリットである防犯登録も代行でやってくれますので届いたら申してある状態です。

更に、6か月間はパンク等の修理が提携店(ダイシャリン、自転車のカナガキ)で無料でできます。
又は、提携店以外でも、修理後に領収書を送れば、修理代金が振り込みで戻ってきます



「サイマ」もネットなので送料はかかってしまいますが、あさひと比べると格安です。

自転車本体はネットなので安めですので、このくらいの送料なら払ってもいいかなと思えます。

参照:サイマ

このように、ネット通販の弱点をほぼカバーしている素晴らしい、ネット通販会社です。

売上No.1も納得ですね。

ネット購入ならサイマが断然おすすめです。

自転車用品が安いTemu

自転車を買うと、メンテナンスや自転車用品なども必要になりますよね。

  • メンテナンス用品…空気入れ、さび止め、修理キット等
  • 自転車用品…レインカバー、ライト、ヘルメット等

ホームセンターで買ってもいいですが、欲しい時に欲しい物がすぐ買えるネットショップはとても便利。

最近話題の中国系サイトTemu(ティーム―)には沢山の自転車用品が安くそろっています。

ライト、スマホホルダー、レインカバーも沢山あります。

空気入れは電動が断然便利です。

我が家も最近まで足でやってましたが、電動買ったら、本当にラク。

浮き輪やプールにも使えるから早く買えばよかったです。

ヘルメットやリアライト、スピードメーターも本当に種類豊富です。

Temuはこんなにもおすすめポイントが!!👇

  • 驚きの低価格
  • 豊富な取り扱い商品
  • 全品送料無料
  • 敏速な配送で遅延保障もあり
  • 自己都合の返品も可能、しかも返送料無料

見るだけでもとても楽しいです。

Temuを見てみる

驚きの安さ!

Temuの公式サイトを見てみる