小学生におすすめ!「ココアの桃太郎たいぴんぐ」の口コミは?無料でできる?

【PR】

スポンサーリンク

小学生におすすめの超初心者からできる、タイピング練習ゲーム「ココアの桃太郎たいぴんぐ」を詳しく紹介。

無料ではできない?有料?使い方、始めるベストなタイミングなど、今から子供にタイピング練習をさせたい人が欲しい情報を書いています。

桃太郎たいぴんぐで練習した結果、小6息子はブラインドタッチがかなり早く出来るようになり、大正解でした。

このブログがおすすめな人

✅小学生の子供にタイピング練習をさせたいけどどれがいいか分からない
✅タイピング練習にお金をかけたくない
✅初めてキーボードに触る人でもできるタイピングソフトを探している。
✅楽しく続けることが出来るタイピング練習ソフトが知りたい。
✅「ココアの桃太郎タイピング」は知っているが実際のレビューが知りたい。
✅いつから始めるのがベストなタイミングか知りたい。

スポンサーリンク

小学生のタイピング練習は自宅でした方がいい理由

タブレット学習やスマホが普及し、2020年からはプログラミング学習も導入され、小学生でもパソコン必須の時代になりました。

先日、小6の息子の授業参観で、ノートパソコンを使用した授業を後ろから参観していたのですが、ブラインドタッチをしっかりできている子はクラスの3分の1くらいでした。

キーの位置は覚えているのですが、キーボードを見ながら人差し指だけで文字を打っている子が多かったです。
それを見て、タイピング練習をやっておいてよかったなぁと思いました。

小学校の授業では、しっかりとタイピングを教えてくれないことが多いと思います。

息子の小学校でも、練習の時間はくれるが指導は無く、各自で自由にやるといった風です。

しかも、限られたソフトでの練習になりますし、定期的に時間を与えられるわけではないため、学校だけだと不十分だと感じます。

タイピングをできる子とできない子の差は、大きいと思います。

しかしタイピング習得は時間がかかりますし、やっぱり最初はつまらないし、忍耐力や根気が必要です。

我が家では6年の息子に3年生からこのタイピング練習をさせて、今や私よりも早いくらいにブラインドタッチが出来るようになりました。

マヨ
マヨ

続けることで、忍耐力や集中力、そして自信がついた事は、タイピング習得と同じくらい価値があったと思います。

だからこそ、早めに家でタイピング練習を始めるのがおすすめです。

スポンサーリンク

ココアの桃太郎たいぴんぐとは

100万人のユーザーを突破している人気タイピング練習ソフトです。

最近は雑誌やメディアでも取り上げられ、小学校の授業でも導入されています。

対応環境(PC)Chrome/Firefox/Internet Explorer 11以降
Safari(それぞれ最新版を推奨)
対応環境(スマホ)iOS 9以降・Android以降
料金無料(一部課金あり)
開発元有限会社 ビーステック
公式サイトhttps://pokedebi.com/game/momotype/
スポンサーリンク

ココアの桃太郎たいぴんぐの口コミ

では世間での評判は?

子供にとって楽しいかどうか、はとても重要なので、ゲーム感覚で練習できる桃太郎の評判はいいですね。

ココアの桃太郎たいぴんぐがおすすめな理由

タイピング練習を始めるにあたって、最初に探したのは無料で練習できる、アプリやソフトです。

調べると、沢山ありますが選べませんでしたので、無料のこの4つを試してみました。

  • めざせ!タイピングマスター
    ホームポジションを、一番しっかり学べて、超初心者向きだが、音楽などがなく、つまらないので、飽きて続かない。
  • こどもタイピング my Typing
    一応ホームポジションは出るが、ちょっと難しいし、単調で飽きる。
  • Popタイピング
    いきなり文字を打つところから始まるから初心者向きではない。
  • 寿司打
    ゲーム感覚で楽しいけど、こちらもホームポジションからは習えず、初心者向きではない。

どれも、いまいち続きそうにない・・・・

結局たどり着いたのは、「ココアの桃太郎たいぴんぐ」です。

ココアの桃太郎たいぴんぐのメリット

では、なぜ、他のタイピング練習よりも、ココアの桃太郎たいぴんぐがおすすめなのかです。

  • ロールプレイングゲームとタイピングの練習が同時に出来るから楽しい
  • 続きが気になるストーリーと、キャラクター育成の楽しみで続けられる
  • ホームポジションをしっかりと覚えられる
  • タブレットやスマホでも遊べる

タイピング練習で一番大切なことが、反復練習をとにかく続ける事。

続けて練習していれば、誰でも出来るようになりますが、ただ同時に続けることが一番難しいです。

が、しかしこのゲームは楽しいのでその一番難しい「続ける」という事がしやすいのです。

桃太郎が仲間を増やしながら、ゲーム形式で物語を進めていきます。

しかし、ゲームで終わっては意味が無いですよね。

でも、桃太郎たいぴんぐは、ホームポジションを基本からしっかり練習することが出来るので、初めてキーボードを触る子でも大丈夫。

タイピングで敵を倒してコースをクリアしていく仕組みになっていて、だんだん入力する文字が増えていきます。

アバターを作ったり、自分や仲間の体力を回復させたり、BGMもあり、ゲーム感覚ですすめれるので、子供が飽きることがありません。

楽しみながら、段階的にステップアップできる仕組みが整っています。

 

出典:ココアの桃太郎タイピング

ココアの桃太郎たいぴんぐは無料?有料?

いちばん気になるところ!!
基本は無料で始められます。

が・・・実質は無料ではないかな。

その理由。

タイピングのコースで、左上から順にクリアしていくのですが、


出典:ココアの桃太郎タイピング

2段目の途中から、課金しないと進めなくなっています 😥

ちなみにここまででは10くらいのキーしか習わないので、課金しなければ、全てのキーのタイピングは出来るようにならないのです。

という事は無料ではやはり習得できません。

仕方なく課金しました。
課金は、デビーという通貨を買います。
実質、550円を電子マネー各種で支払いました。


出典:ココアの桃太郎タイピング

しかし、550円支払えば、全部のコースをクリアすることができて、完全にブラインドタッチを習得することが可能なので、結果的には安いですね!

裏技!二人目からは無料でできる!

このブログを読んでくださっている方に裏技教えます。

一度、550円を支払えば、2人目、3人目はタダで!!最後までできる

同じIDでログインすれば、2人目、3人目は最初から最後まで無料でできます✨

我が家は兄が初めての時に550円課金。
そして妹は小3で始めた時に、同じIDでログインして、課金なしで最後まで進むことが出来ました。

なので実質2人でたった550円でタイピングを習得できます!!

桃太郎タイピングの使い方

ダウンロードは必要無く、ホームページからアクセスできます。

最初に獣民登録というものをします。
要は会員登録ですね。
メールアドレスが必要になります。

一度登録をすると、毎回ログインして遊ぶ形になり、練習途中でも保存され、次回は続きから練習することが出来ます。

基本の練習をクリアしていくと、下のように、対戦ステージを進んでいけます。

こちらの対戦ステージでは敵を倒して進みます。

時間が経過すると左下の「げんき」のゲージが減っていき、無くなると一定時間遊べなくなります。
遊びすぎを防げますね!

更にデビーを購入(課金)すると武器を買ったりして強くなることが出来ますが、追加購入をしなくても充分ブラインドタッチをできるまでになります。

マヨ
マヨ

我が家はケチなので一切課金していません(笑)


出典:ココアの桃太郎タイピング

タイピング練習を始めるのにベストなタイミングは小学校3年生から

タイピングはいつから始めればいいのか。

結論、小学校3年生からがベストだと思います。

これは、小学校3年生からローマ字を習い始めるからという理由もあるのですが、娘が2年生の時に、兄がやっているのを見てやりたいといったのでやらせましたが、手が小さいので、キーボードの端まで指が届かずうまく出来ません。

まだ早いと感じました。

なので、やはり3年生からがベストだと思います。

ちなみに、我が家の娘が現在3年生ですが、ローマ字はまだ軽くしか習っていませんので、ほとんど読めませんが、キーポジションを覚えるのには、ローマ字が読めなくても問題ありません。

スマホでタブレットで練習する時のキーボード

パソコンが無くても、スマホやタブレットも出来るのもメリットです。

Bluetooth接続で使えるワイヤレスキーボードを購入しましょう。

下は、小学生のタイピング練習用に開発されたキーボードです。

ホームポジションが色分けしてあるので分かりやすいですね。



もちろん、他にも沢山あります、正直そこまでこだわらなくてもいいと思います。

Amazonでキーボードを探す

楽天でキーボードを探す 

ブラインドタッチが出来るようになる期間はどのくらい?

我が家の息子は、3年生から桃太郎たいぴんぐを始めました。

週に2回、土曜日と日曜日のみ、30分だけの練習を、2年間続けた結果、かなり早くブラインドタッチが出来るようになりました。

2年・・・これを長いといわれればそうかもしれませんが、週に2回の30分ですから。

もし毎日30分なら、半年でも出来るようになると思います。

だいぶタイピングが出来るようになってきてからは、寿司打も並行してやっていました。

寿司打はとにかくスピードを上げるために効果がありました。

6年生の今は、文章を打つ練習をしています。

例えばワードを使って学校でもらってきたプリントの文章をマネして作る。
とか、エクセルを少し教えて、カレンダーやポスター作ったりとか。

打てるようになると楽しいみたいです。

いずれにしろ、小学生でブラインドタッチできるってすごいですよね。
私たちの時代は大学になってから習ったのですから。

【まとめ】桃太郎たいぴんぐは小学生におすすめのタイピング練習ゲーム

桃太郎たいぴんぐならたったの550円でタイピングを習得できることが分かりましたね。

タイピング練習を始めるベストなタイミングは小3。

桃太郎たいぴんぐは楽しく、飽きずに続けられ、誰でもブラインドタッチが出来るようになる。

桃太郎たいぴんぐでブラインドタッチを習得するのには550円かかる。

桃太郎たいぴんぐは、550円のみでタイピングを習得でき、無料のものより価値がある内容。

ぜひ、桃太郎たいぴんぐでタイピング練習を始めてみてくださいね!

【おすすめ情報】

我が家では、塾に行かず、タブレット学習のスマイルゼミを2人の子供に受講させています。2人とも成績はいいですし、何より毎日の学習習慣をつけれたことが大きな収穫でした。タイピングの様に続ける事で、確実に効果を実感できたので、おすすめです。塾に通うよりだいぶ安いのも魅力です。こちらの記事に詳しく書いていますのでよろしければお読みください。https://tameroutine.net/smile-zemi-1248