航空券を公式サイトから直接購入するメリット

【PR】

スポンサーリンク

このブログでは、航空券を公式サイトから直接買う場合、格安航空券予約サイト(代理店)を経由して買う場合のそれぞれのメリット、デメリットを実際の料金を比較しながら説明しています。

結論、公式サイトからの直接購入がおすすめです。

その理由の説明とともに、どのような手順で航空券を購入するのがお得なのかも書いています。

スポンサーリンク

公式サイトと格安航空券予約サイトからの価格比較

航空券を購入する時は2つ方法があります。

①航空会社の公式ホームページで直接購入
②格安航空券予約サイト(代理店)を経由して購入する

②の格安航空券予約サイトには、アゴダ、エクスペディア、トリップコム、エアトリなどがよく知られていますね。

そしてこれらの各エージェントの価格を一発で検索できる比較サイトには、スカイスキャナートラベルコちゃんなどがあります。

海外の航空券を購入する時、公式サイトは高い、損というイメージがありませんか?
私もそう思っていました。

比較サイトで比較して、一番安いところで買いたい!と思いますよね。

節約家の私もそう思い、調べまくりました。

さてこの2つの方法どちらで買う方がお得なのか。

実際に検索をして価格を調べてみました。

海外航空券の価格調査【名古屋-ハノイ間の7月の大人1名 往復料金】

では、まず海外の航空券で調べてみます。

名古屋ーベトナム(ハノイ)7月26日-7月30日(往復)大人1名

公式サイトの場合(ベトナム航空)

価格は69,170円です。

比較サイトで検索した場合

次に全く同条件で、スカイスキャナーで比較してみました。

こんなに沢山のエージェントが一括で表示されます。

スカイスキャナー、本当に便利です。

最安値はGotogateと、Mytripという会社で、公式より2,814円安いです。

そこでGotogateのサイトをチェック。


詳細を見てみると、VISAで支払いをした場合割引になり、この66,356円という最安値になります。

それ以外の支払いだと、公式より1,494円だけ安いという結果でした。

ちょっと安いからGotogateでもいいなと思いますが、まだ注意してください。

Gotogateですが、上述したように、キャンセルや変更時には、航空会社が定める規定の手数料の他に、更にプラスして、代行手数料がかかります。↓

サービス手数料は、航空会社とのあらゆる連絡を代行するために、お一人あたりお支払いいただく手数料です。この手数料は、お客様のご予約に対して最適なサービスを提供することを目的としています。これは、すべての航空券の変更とキャンセルの際に適用されます。

引用:Gotogate

ちなみに、ベトナム航空のエコノミーチケットのキャンセル手数料は一人当たり片道で3万円です。

どこのエージェントで購入しても、その航空会社の運賃規定が採用されるので、この金額は同じです。

そこにエージェントの手続き代行手数料が加算されます。

下は、Gotogateのキャンセルや変更の規定です。
もしキャンセルや変更した場合、1人当たり5,334円も余分に払わなければいけません。


参照:Gotogate利用規約

格安航空会社の航空券を購入した場合、便の変更や名前・人数の変更はできますか?

恐れ入りますが、ご利用の航空会社に直接お問い合わせいただく必要がございます。
予約確認メールには、お客様の予約番号と航空会社の連絡先が記載されています。
詳細については、航空会社のウェブサイトをご覧ください。

引用:Gotogate

そして上にある通り、格安航空会社の変更の場合は、直接問い合わせて欲しいとの記載。
面倒ですね💦

他のエージェントもほぼ同じように手配代行手数料がかかります。

Trip.comの場合は2,540円でした。

予約サイト(代理店)は予約時に座席指定が出来ない場合がある

Gotogateは、予約時に座席指定が出来るようになっていましたが、エクスペディアの場合は下記の様に、座席指定は、公式サイトで自分で行うか、チェックイン時に行うという形式でした。

これは、航空会社や便によって異なる可能性がありますが、公式サイトからであれば、ほとんどの場合その場で同時に座席指定が出来る事が多いです。

ベトナム航空の公式サイトで買った場合のキャンセル料、変更手数料はいくら?やり方は?
エラーが出た場合の対処法などはこの記事で書いています。ベトナム航空のキャンセル料、変更手数料はいくら?払い戻しの方法は?

国内航空券を検索【名古屋-新千歳の7月の大人1名 往復料金】

では国内の航空券のはどうでしょうか。

名古屋-新千歳 大人1名 7月24日ー7月26日【往復料金】

公式サイトの場合(スカイマークエアライン)

格安航空会社スカイマークエアラインの場合。

一番安い航空券(いま得)で比較します。
いま得は、変更は不可、キャンセルは手数料がかかる分お得です。

往路11,810円と復路7,310円 合計19,120円でした。



出典:スカイマークエアライン

ちなみにこのチケットのキャンセル料の規定は以下です。


出典:スカイマークエアライン

比較サイトで検索した場合

では同じくまたスカイスキャナーで比較

eDreamという会社が、スカイマークよりも安いです!

eDeamsのサイトへ移動してみると、その一番安いチケットは、予約変更手数料が7,000円かかるとなっています。


料金詳細を見ると、スカイマークと同じ19,120円からサービス料755円が値引きされています。
これがこの格安サイトでの割引ですね。

確かに755円、スカイマーク公式サイトよりも得です。

しかし、その分、eDreamでも、キャンセルする場合は、航空会社が定めるキャンセル料にプラスして、サービス料金がかかります。(今回の航空券の場合は最大の7,000円)

出典:eDreams

この様に、代理店を通すことにより、変更やキャンセルが生じた場合、どうしても代行手数料がかかってしまいます。

スポンサーリンク

公式サイトから予約するメリット

上記を踏まえて、チケットを公式サイトから予約するメリットは

✅業者を介さずに直接の卸し価格を設定しているため、他の予約サイトよりも安価な場合が多い。
✅他の予約サイトより高い場合もあるがその価格差は大きくない。
変更やキャンセル時に、予約サイトの様な代行手数料が発生しない。
✅予約時に座席指定もできる
✅緊急時や欠航便の変更にも柔軟に対応してくれる。
✅キャンセルや変更時の問い合わせも直接出来る為、たらいまわしなどに遭わずスムーズ。
✅航空会社の独自のセールを行っている時はかなり安く航空券を買える。

冷静に考えてみても、航空運賃は、公式サイトが一番安いのは当然と言えます。

代理店に掲載すれば、代理店に払う手数料(掲載料、人件費等)が発生する為、それを運賃に上乗せしますよね。

また、独自のお得なセールやキャンペーンは、比較サイトでの検索には反映されないため、公式サイトを見ないと見つけられません。

スポンサーリンク

公式サイトから予約のデメリットは?

デメリットをしいてあげるなら、3つです。

✅1社だけ見ただけでは、その料金が安いのか高いのか比較が出来ない。
複数の航空会社を利用して渡航する方法は見つけることが出来ない。
✅公式サイトでも、問い合わせ先が日本では無かったり、英語でしかできない場合があり、慣れていない人は使いづらい場合がある。

公式サイトでは、もちろんその会社の路線、便しか表示されない為、本当は複数の航空会社を使って乗り継いだりして安く行ける方法があっても、見つけることが出来ません。

格安航空券予約サイトで航空券を買うメリット

上述した様に、公式サイトもそんなに高くないという事、サービス内容を含めたら得。
という事が分かりました。

でも実際は予約サイトで購入している人が多数です。
上の情報を知らない又は、やはりメリットもあるからですね。

✅独自のクーポンやセールがある
✅独自の会員制度やポイント制度がある
✅宿泊も一緒に予約でき、航空券とセットで買うとお得

この様に、公式サイトには無いメリットもあります。

ホテルの予約に関しては、公式HPよりも予約サイトを経由した方が得です。

航空券と違い、宿泊予約ではキャンペーンやクーポンでの割引率が高いからです。

また、航空券とホテルを同時に予約する場合は、予約サイトからの方が、セット予約での割引きでお得になることがあります。
※ただ、その割引率は宿泊ホテルや渡航先によります。

詳しくはこちらで書いています。
ホテル予約サイトはどこがいい?信頼できるおすすめサイト3選

ホテル予約サイトはどこがいい?信頼できるおすすめサイト3選
国内旅行や海外旅行でホテルを探す時、多くの予約サイトがあり、どこが一番安いか、信頼できるか、ポイントは貯まるのか。 どのサイトで予約するか迷います。 このブログでは、この中から選べば間違いない、ホテル予約サイトの大手、アゴダ 、 ブッキングドットコム)、エクスペディアを比較。

 

一番お得な航空券の買い方

で、結局どっちで買うのが得なの?

と思いますよね。
結論、比較サイトで検索し、公式サイトで買うという方法が一番おすすめです。

①スカイスキャナーなどの、複数の格安航空券予約サイトの一括検索サイトでまずは調べる。

予定の渡航日で、目的地まで、どこの航空会社の便があるか、渡航方法(乗り継ぎ、直行便)、所要時間、相場の価格をこの一括サイトで調べる。

②良さそうな便がある航空会社の目星をつけたら、その航空会社の公式サイトをチェックし、価格を調べる。

ポイント同時にセールやキャンペーンを行っているかも知ることが出来ます。

③①で調べた、最も安い価格の予約サイトと公式サイトを見比べ、どちらが総合的に得か判断する。

この方法であれば、複数の航空会社や、どんな行き方があるのかを知った上で決めることが出来ます。

【まとめ】航空券は公式サイト、予約サイトどっちが得?

やはり総合的に見て、公式の方が得が多い という結論に至りました。

ただ、各エージェントでの強み、例えば、独自のポイントが貯まる、クーポンがある、ホテルとの同時予約で割引がある等のメリットを活かせば、公式よりも特になるケースもあります。

私のおすすめは公式サイトですけど、人により優先順位が違いますのでおすすめな人別にまとめるとこうなります。

【公式サイトがおすすめな人】
✅色々調べるのが面倒な人
✅座席指定も予約時にしてしまいたい人
✅キャンセルや変更の可能性がある人
✅問い合わせなどのサポートを直接受けたい人
【予約サイトがおすすめな人】
✅キャンセルや変更の可能性がほぼ無い人
✅複数の航空会社を利用したり乗り継ぎが長くても、一番安い方法で行きたい人
✅色々調べるのが苦ではない人
✅宿泊も一緒に予約したい人
海外航空券の予約にトラブルは結構あります。
価格だけではなく、やはりサポート体制も大切ですね。
自分が何を優先するかを明確にしてから探す方が時短になるかなと思います。