サバイバルシリーズはおすすめ!子供を読書好きにする方法

【PR】

スポンサーリンク

子供に読書の習慣をつけたいな。
小学生におすすめの本が知りたいな。

マヨ
マヨ

このブログでは、子供が読書好きになった方法や、小学生におすすめの図鑑やサバイバルシリーズ、学習まんが、読み聞かせにおすすめ10歳までに読みたい世界名作などの本の紹介と読み放題無料のサービスのアプリや電子書籍をおすすめしないワケなど役立つ情報を書いています。

スポンサーリンク

子供を読書好きにするおすすめの方法は

我が家の2人の小学生の子供たちは、本が大好きです。

スイッチなどのゲームもしますが、ゲームをしていない時はすぐ本。
ご飯もお風呂もそっちのけで夢中です。
更に、寝る前にもお布団で必ずまた本を読んでます。

図書館で20冊本を借りてきても、2、3日で全部読んでしまい困るほどです💦

どうしてそんなに本が好きになったのか、思い当たるのは、やはり、幼少期の頃から、私が読み聞かせを続けてきたからかなぁと思います。

上の息子が1歳位から、小学生低学年まで、毎日欠かさずに、寝る前の読み聞かせをしてきました。
息子が4歳の時に下の娘が生まれてからは、2人とも一緒に。
小さい頃は、短い絵本なので、一回に3冊も読んでいました。

小学生になってからは、1冊が長いので1冊にしました。

小学校中学年くらいからはもう一人で読むようになったので、機会は少なくなったのですが、今でもたまに読んでという時があります。

正直、面倒だなぁと思う時も何度もありました。
特に、何度も同じ本を持ってきて「えっ?またこれ」と思うし、長い本だとこっちが途中で面倒になって、適当に読み飛ばしたりして、バレちゃうこともありました(笑)

それでも子供がすごく喜ぶし、熱心に聞くので続けました。

正直、息子の国語の成績がすごくいいわけでもなく、効果があったのかはよく分かりませんでした。

ただ、学校の感想文で入賞したり、地域の標語の応募で入賞したりしたことが何度かありました。
小学校6年になった今、やはり気づくのは、語彙や知識が豊富だという事です。

特に、好きな科学系の事はとても詳しいですし、ことわざや、大人が使うような言葉が会話に使うことがあり、驚くことがあります。

スポンサーリンク

サバイバルシリーズはやっぱりおすすめ

素晴らしい本が沢山あります。
数えきれない程の本を読んできました。
特にこれは良かった!と自信をもっておすすめできる本を紹介します。

サバイバルシリーズ

これは有名なので、小学生の男の子ならおそらく知っていると思いますが、やはり人気なのは分かりますね。
ギャクも入っていますし、イラストも本によってタッチが違うし、解説も(飛ばしてますが💦)ついているし、読むだけで自然と知識が身について素晴らしい本だと思います。

最新刊は、図書館でもいつも人気でなかなか借りれなかったりします。

小学生におすすめの読み聞かせ本

「ママお話しきかせて」です。


有名な日本の話、イソップ童話などが網羅されている大型本。
挿絵もそれぞれ違う人が書いており、個性があり、長さも短すぎず長すぎず、余計な解説も入っておらず、全てフリガナ付きで、完璧な本です。

小6の今でも、自分で何度も何度も読んでいます。

残念ながら、古すぎてAmazonで新品を見つけることはできませんでしたので、代わりにおすすめを探すと、365日のおやすみ前に…という本ばかり出てきます。

しかし、短すぎたり、大人目線の要約が加えられていたり、読む日にちが決まっていたりするものが多く、うーんといった感じです。

個人的には、単純にお話しだけでいいと思うのです。
余計な大人の主観や要約は不要。
子供が読んでそれぞれ感じればいいのです。

メルカリなどで中古ならお安く手に入ります。

今売っているものでいいかなと思ったのが、下の二つです。

読み聞かせではないのですが、最近買ったこちらは、小3の娘が何度も読んでいます。
Amazonでベストセラー1位になっています。

中はこんな感じです。

有名な話の概要が見開き2ページにまとめてありますのでかなり要約されてしまっていますが、お話を読むというよりは、有名なお話の簡単なあらすじの紹介といった感じで、原本を読みたい思うきっかけになります。

低学年、中学年、高学年に分かれていて、高学年では、「羅生門」や「人間失格」などの、結構難しい話も扱っています。

我が家では目次の番号に、実際に読んだ本(この本の内容ではなく、実際に他で読んだことがある)に〇をつけていっています。
この本を読んで、、○を増やしていくことが目標になるかなと思いますので買ってよかったと思います。

小学生におすすめの図鑑

図鑑は、もうこんなボロボロですが💦
小学館の図鑑NEOが見やすくておすすめです。

DVDもついているので、車の中で見たりしています。
DVDはドラえもんの解説で楽しい!。

やっぱり一番見るのは、昆虫と魚です。

図鑑はお値段が高いですが、何度も見るため価値があるので興味がありそうな分野だけは買ってあげています。

試し読みができますので見てから買った方がいいです。


小学生におすすめの学習まんが

学習漫画は歴史などより、伝記漫画から読んだ方が入りやすいです。

小学館・集英社・ポプラ社・学研などが出版していますが、我が家では、昔からあり人気が定着している小学館のシリーズをよく読んでいます。
個人的に、絵が現代過ぎてなくて好きです。

「10歳までに読みたい世界名作」のシリーズ

この本は何より、絵が素敵、子供が好きなタッチで、書かれていて、楽しく読めます。
字が大きく挿絵も多く、カラーで、見やすいのでおすすめで、全種類読んでみたくなります。
小学生低学年~中学年におすすめです。

一番最初に読んだ、小公女セーラは、ハマりすぎて、Amazonprimeビデオでアニメも見ました。
これもホント大人の私もハマる感動のアニメでした。

 

スポンサーリンク

読み放題無料のサービスのアプリや電子書籍をおすすめしないワケ

今や上に紹介したような本も、電子書籍や、読み放題無料のデジタルサービスも沢山あります。
読み聞かせアプリなんて言うのもあります。

私はおすすめしません。

ゲームにスマホ、子供の目は常にデジタル機器に酷使されているのに、更に本までデジタルは避けたいです。
本のページをめくる楽しさ、ほんの重み、実際の印刷での絵のタッチ、を目で、手で感じてほしいです。
読み聞かせは、親がするから意味があります。
親に読んでもらう、親の声で、親と一緒に、親のぬくもりを感じながらやるから意味があり、一生の思い出として残ります。
自動音声でするくらいならやらなくてもいいと思います。

書籍代も節約!図書館、メルカリを大いに利用

絵本って高いからそんなに頻繁に変えませんよね。

節約したいですよね。

もちろん我が家もその考え。
基本は図書館で借ります。
子供が買いたい、持っておきたいという本は、まずメルカリを探します。
無ければ出品を待つか、お小遣いをためて買うように言います。

でも、図鑑や、何度も見るような本は新品を買っています。
結局何度も見るので元が取れます。

そのようにうまく使い分けて、子供に出来るだけ本を沢山読ませています。

タブレット学習、スマイルゼミの記事も良かったらお読みください。

【2024年】スマイルゼミは左利きに対応している?
スマイルゼミの左利き対応は幼児コース、小学生コースのひらがな、漢字練習の一部の機能にのみ。しかし左利きの我が子はそんなに問題はありませんでした。左利き対応であるかはそこまで気にしないで良いかもしれません。