スマートEX予約の在来線の乗り継ぎは損?高くなるケース

【PR】

スポンサーリンク

新幹線の切符の予約で便利なスマートEX。

普通に窓口などで買うよりお得になると思いがちですが、実はスマートEXで買う事で窓口で買うよりも高くなる、損するケースがあります。

スマートEXは「特定都区市内制度」が適用されない事に注意すべきです。

このブログでは、それを知らなかった為に損をし、更に券売機で購入しても失敗した私が、その実例と失敗をしない為の注意事項を書いています。

また、新幹線往復チケットを、スマートEXよりも安く買えるずらし旅」についても詳しく紹介。

これを読めば、スマートEXで購入する際に、私の様に損するという失敗を防ぐことが出来ます。

更に、スマートEXよりも安く買える情報が得られ、どの方法があなたにとって一番お得かを調べずに知ることができますよ!

【この記事を読むとこんなに得】

  • スマートEXで買った方がお得なケースが分かる
  • 「特定都区市内制度」について簡単に理解できる
  • スマートEXでお得にならない(窓口で買っても同じ料金)ケースが分かる
  • スマートEXで買うべきか、他の方法で買った方がいいかが明確になる。
  • 券売機や窓口で買っても損するケースが分かる
  • スマートEXよりも往復チケットが安く買える方法が分かる。
スポンサーリンク

スマートEXのメリット

新幹線のチケットが簡単に出来るスマートEX。
メリットはこんなにあります。

・年会費、入会金無料で利用できる
・スマホやパソコンで簡単に予約ができる
・早割(早特商品)で安く予約できる
・座席指定ができる
・発車時刻4分前まで予約可能
・料金はクレジットカードから引き落とし
・交通系ICカードで乗車可能
・指定席が200円安くなる
・予約の変更は何度でも手数料無料

やはり、窓口に並ばずにネットでチケットを購入できて、スマホやICカードでスムーズに乗車できる便利さが一番のメリットだと思います。

通常の予約では料金はそんなに安くならない

スマートEXなら安く買える!と思いがちですが、自由席の場合は割引はありません。
窓口で買う場合と全く同じです。

指定席とグリーン車のみが、200円だけ安くなります。

早得商品は大きな割引でお得

ただ、早く予約する事で割引がある早得商品は、かなりお得になります。


参考:スマートEX公式HP 早得商品

スマートEX21ワイドの場合

例えば21日前までに予約すれば、のぞみの指定席がこんなにもお得になります。

EXこだまファミリー早得3の場合

子連れなら、このファミリー早得3はかなり安いです。

例えば、東京から新大阪まで、大人1名、こども2名の場合、通常料金は27,980円ですが、20,140円になります。

7,840円も安くなります。

これは知らないと損ですね。
しかも3日前迄申し込めるので、急なキャンセルの確率も低いですよね。

早得商品のデメリット

ただし、このような早得商品には、安い代わりに、色々規定がありますのでしっかり確認しましょう。

  • 東海道・山陽新幹線専用の乗車券と特急券が一体となった商品
  • 途中下車不可
  • 他の割引との併用不可。乗継割引も適用外。
  • 予約の列車に限り有効。他の列車への乗車は不可。
  • 列車ごとに利用可能な席数に限りがあり、希望の列車でも予約できない場合がある。
  • 予約の人数を減らす場合は払戻手数料(1名あたり320円)がかかる。

年会費無料ですぐに使える「スマートEX」。しかし、窓口や券売機で通常に購入するよりも割高になる場合があります。

スポンサーリンク

スマートEXは特定都区市内制度が適用されない

スマートEXのデメリットの一つが、「特定都区市内制度」は適用されないことです。

これにより、スマートEXで買ってしまうと、損する事があります。

特定都区市内制度を分かりやすく解説

特定都区市内制度?何ですかそれは。

はい、そうですよね。

こういう鉄道の規則って本当に分かりづらいです👇

これ👇を読んでもよく分かりませんよね。

出典:JR東海

簡単に説明するとこうです

ある程度の距離を超える乗車券において、東京・大阪などの11都市内を発着する新幹線に乗る場合は、そのゾーン内のどの駅でも乗降できます。

 

マヨ
マヨ

そして、ゾーン内のどの駅での乗降でも新幹線の運賃のみで、在来線の運賃は不要になります。

例をひとつあげます

「東京都区内→大阪市内」のきっぷ(東海道新幹線経由)と印字されたきっぷの場合

出典:JR東海

上記のどこの駅で乗り降りをしても、在来線の運賃は不要になります。

がしかし、これがスマートEX場合は適用対象外となります。

〔「スマートEX」ご利用上の注意〕

  • 乗車券・特急券の効力が一体となった東海道・山陽・九州新幹線専用商品です。
    「 東京都区内」「大阪市内」といった所定の乗車券に適用される、いわゆる「特定都区市内制度」は適用されません。
  • 新幹線乗車駅まで(降車駅から)在来線をご利用の場合は、別途在来線の運賃等が必要です。
    このため、利用区間によっては、駅窓口等でお買い求めいただく所定のきっぷと比べて「スマートEXサービスと在来線の運賃等の合計額」の方が、高額になる場合があります。

出典:JR東海

新幹線乗車駅まで在来線を利用する場合は損する可能性がある

私はそれを知らずに、損してしまいました。

先日旅行で、大人2名、子供1名分の、名古屋から新大阪までの切符をスマートEXで購入しました。

そのため、特定都区市内制度が適用対象外になり、

自宅近くのJR在来線の駅から名古屋駅までの区間と、新大阪から大阪市内のJRの駅の区間の運賃を支払うはめになりました。

結果、片道 3人分820円往復で1640円も余分にかかりました。

マヨ
マヨ

損するかどうかは、利用する在来線の駅から新幹線乗車駅までの運賃がいくらかによりますので、面倒ですが計算して、スマートEXの方がお得かを判断しましょう。

券売機で購入した場合も注意が必要

更に重ねてミスをしたのです。

帰りの分は、失敗しないようにと、スマートEXを使わずに券売機で購入したのですがまた失敗💦

これもまた、対象外です!!

この場合は、乗車券と、特急券が分かれて発券されています。

マヨ
マヨ

これで、最寄りのJRの駅の乗降も大丈夫だと思っていたのですが、これでは駄目だったんです。

何故か、説明します。

乗車券の区間が大阪→名古屋となっていますね。

そうでは無く、大阪市内名古屋市内 と印字された切符でなければダメなのです。

駅員さんに聞いたら、印字された通りでなければダメという事でした。

そんなルール知らない・・・。

券売機でも駅を指定して購入できる様ですが、確実なのは、窓口で乗降する駅名を指定して購入するのが一番です。

いろいろ情報を知らなかったために、今回の旅行で、払わずに済んだ1,640円を損してしまいました。

スポンサーリンク

スマートEXで購入するべき?「ずらし旅」の方が安いかも

で、新幹線のチケットは結局どこでどうやって買うのが一番安いの?

マヨ
マヨ

次の様なステップでどこで購入するかを決めるのがおすすめです。

まず、旅行の日程が次のどれかでおすすめの買い方が違ってきます。

  • 新幹線の日帰り往復
  • 新幹線と宿泊もセットで予約する
  • 日をまたいで新幹線往復または、片道のみ

「ずらし旅」の新幹線の日帰り往復

新幹線の日帰り往復の場合は、スマートEXの早得よりも断然お得なのが、JR東海の「ずらし旅」です。

【ずらし旅】日帰りプランの特徴

  • 新幹線往復に体験プランがついて格安
  • 指定席のみ
  • 予約完了後は列車の変更、及び座席の変更は一切不可
  • 変更の場合はすべての予約を取消して取直しが必要
  • 取消には規定通りの取消料が発生

新幹線の往復チケットに、更に、選べる体験がついて、通常の新幹線往復運賃よりかなり安いです。

ではスマートEXの早得で購入する場合との運賃の差を見てみます。

2024年5月24日(金) 名古屋⇔東京 大人1名の場合

スマートEXの「EX早得28ワイド」 片道 9,700円、往復19,400円

 

東部トップツアーズのずらし旅の場合、往復18,400円

マヨ
マヨ

【ずらし旅】の方が1,000円安い上に、選べる体験がついてきます。

「ずらし旅」の新幹線と宿泊もセットで予約する場合

これはほとんどの場合、旅行会社のツアーを利用した方がお得になります。

5月24日(金)に東京出発、名古屋で一泊する場合

同じく新幹線代は往復19,400円です。

東部トップツアーズのずらし旅のプランで、ホテルと新幹線+選べる体験で、22,900円でした。

ホテル代は4,500円で、更に選べる体験付。

 

【ずらし旅】の方がかなり安い上に、選べる体験がついてきます。

選べる体験はグルメや観光など1,000円~3,000円相当の物なのでとてもお得です。

この「ずらし旅」は「JR東海ツアーズ」が主催していますが、他6社の旅行会社でも販売しています。

ずらし旅についてかなり調べましたが、東部トップツアーズ一番安く、座席指定も申し込み時にでき、チケットも当日発券機で発行可能など全てにおいて満足度が高くおすすめです!

東部トップツアーズのずらし旅

東部トップツアーズのずらし旅

日をまたいで新幹線のみの往復か片道のみの場合

「ずらし旅」は、日帰りか、宿泊セットプランしかありません。

日をまたいで新幹線の往復のチケットを買う場合は、スマートEXで購入か、窓口や券売機で買うかの2択です。

スマートEXで早得で買えるのであればそれが一番安いです。

あとは特定都区市内制度を利用するかです。
する場合は、上述した様に、窓口や券売機で買った方が安い事が多いです。

しない場合の指定席は、スマートEXで購入した方が200円安いです。
自由席はどちらでも同じです。

【まとめ】スマートEX予約の在来線の乗り継ぎは損?高くなるケース

ではまとめます

  • スマートEXは特定都区市内制度は適用外
  • 新幹線乗車駅まで在来線を利用する人は損する可能性がある
  • 券売機で普通に買う場合でも券面記載通りの区間しか乗車不可
  • 新幹線を日帰り往復利用、又は宿泊を伴うなら「ずらし旅」の方が得

新幹線チケットをスマートEXで買うべき人は、ずばり以下の人です。

新幹線のチケットのみ片道又は、日をまたいで往復で買う人で、特定都区市内制度を利用しない

 

マヨ
マヨ

他のケースの場合は、スマートEXの早得よりも、紹介した「ずらし旅」の方が安くてお得です。

ただ、安い分、予約完了後の日時、便、席の変更等が一切できない事は充分承知の上で購入しましょう。

マヨ
マヨ

新幹線代は高いので、この様に情報収集をして、出来るだけ安くして、浮いたお金を他の事に使いましょう!